We can help you to accelerate your business

Expandmenu Shrunk


  • 店頭販売と訪問販売

    1980年台後半ファミコンブームの前後、玩具専門店のマネージャーをしていたことがあります。靴流通関係グループがロードサイド型のチェーン店を進出し始めた頃です。それまでは、玩具と言えば商店街の専門店か大手百貨店で買うものという時代でした。玩具業界のメインイベントはクリスマスプレゼント需要で、年末年始の売上が年間売上の半分に達するような感じでした。当時のクリスマスデー12月24日に1日だけの売上げ日本一は横浜高島屋だということを記憶している。単純なおもちゃだけで500万円だったそうです。単価2-3000円でその金額は、相当のボリュームと忙しさだったと想像します。私の当時のお店でも200万以上を記録しました。臨時駐車場を借りて、警備員を配備、夜12時までの営業です。他店で売り切れた目当ての商品を買いたくて、探しまわる親心に代替品を提案するのです。明日子供が目覚めた時にそのプレゼントに喜ぶことをイメージして、お客様の立場にたって品選びを手伝う仕事です。

    この業界でかなり勉強することができました。

    クリスマス対策 クリスマス商品の発注は夏場7月末です。例年の売上構成率と今年の経緯から推測し各アイテム毎に数を出します。この時期までにメーカーも重点商品と生産体制を整えます。例えば男子キャラクターロボットシリーズはTV番組に人気依存しており、年ごとに人気アイテムが異なります。まだ番組に登場してないアイテムを先行発注掛けるのです。夏場に発注した商品は日毎に倉庫に山積みされ、12月初旬には完納されます。ただし超人気商品は分配型のアソート(いわゆる抱合せ)が組まれることも多い業界でした。倉庫の商品が売れ残るり番組終了と共にデッドストックとしてゴミになってしまうものをさばかなければならないというプレッシャーを感じながらクリスマス商戦に向かいます。マネージャーは売り場に在庫などの状況をみながら優先販売商品を指示していくのです。売上をアップして、売れ残りゼロが目標です。それが接客販売の腕の見せどころです。

    量販店などで販売担当者に相談して物を買う時、まず何を勧めるか?お分かりいただけるでしょうか?在庫品で利幅のあるもの、消費期限の近いものから順に売るのが鉄則です。お客様に購買を決断させるためにトークを磨くのです。例えばパソコン「操作が難しそうだけど?」という質問に関しては「みなさん簡単にできてますよ」「もし、お困りの時はメーカーサポートが電話でていねいに案内してくれますよ」などと不安を取り除くスキルを要します。

    購入したお客様が、難しくて操作できないという連絡があれば、当社のお得なサポートメニューを用意しております。サポート事業部にバトンタッチという風に商売が展開する仕組みのようです。

    一方訪問販売は販売した担当者が、お客様がご満足してご使用いただけるように購入前相談から、使用状況把握、ご提案、機種選択、セットアップ、運用サポート、更に次の機種への入れ替えまで、めんどうみさせていただくものです。お客様の仕事の効率化、改善、安全・安心を第一に考え、真心込めてお届けいたします。

    家電や設備機器はもちろん、あらゆるサービスの品質は訪問専門販売店が優らなければなりません。当社は御用聞き営業を継続いたします。



  • Republic of Djibouti  ジブチ共和国

    昨年末 アラブ・ジャパン ビジネスフォーラムを見学しました。日本ではあまり話題に上がらない北アフリカのジブチのブースで大使館の方とお話することができました。私の趣味のスキューバダイビングの有名なポイントがあるということから話を始めましたが、リゾート産業よりもメインのジブチ港の話に移るとみるみる魅力的なビジネスの可能性が見えてきました。北アフリカの物流のHUBとして機能しているこの港はビジネスの宝庫だということがよくわかりました。アメリカ軍やフランス軍も基地を置くこの国は中東・北アフリカの重要な拠点の証です。海のないエチオピアの物産はジブチエチオピア鉄道や陸路でジブチ港を中継して流れていくのです。ムスリムが94%で公用語がフランス語とアラビア語。今回安部首相が北アフリカを訪問し開発援助などで資源開発・供給を求めるようなアクションを起こしていたが、この国がポイントであることを留意していたと思う。

     



  • Windows Update によるインターネット・エクスプローラーバージョンアップ

    自動アップデート設定になっているwindows7PCで最近のアップデートにより、インターネット・エクスプローラがVer.9から10へ、Ver.10から11へ変わっていることに気が付かれた方も多いと思います。

    ブラウザのセキュリティーをより高くする為の有効なバージョンアップですが、電子入札などをされている環境が変わってしまい、支障を来たす場合があります。

    自動アップデートを手動に変更するには

    コントロールパネルのWindows Update 設定の変更 重要な更新のプログラム 更新プログラムは確認するが、ダウンロードとインストールを行うかは選択する に変更します。



  • 今年の第一四半期

    昨年は大晦日まで営業を行うほど、年末に仕事がずれ込み忙しくなった。要因の一つははPCの生産が間に合わず納期がのびのびになってしまったからだ。ようやくお客様もXPからセブンへの乗り換えに本腰を上げてきた様子だ。XPのサポート終了を4月頭にひかえ、消費税のアップも4月スタートという状況に、これから対応するというクライアントがかなりいる。ウインドウズセブンもダウングレード対応という状況、エイトのほうは扱いが難しいので敬遠されたまま、次のナイン?の誕生を待つ感じのようだ。32ビットのプロフェッショナルでXP互換を強調しているベンダーが多い。ソフト資産を受け継ぐ狙いだが、完全互換とも言えないケースが目立ってきた。パソコンの入れ替えの際にバックアップ用のNASを同時導入する提案をする。年数の経ったNASのシステムは定期的に強制交換するように勧めている。PCの品薄状態は続き、低価格モデルは入手困難になるだろう。office2010は販売終了で2013がダウンロード販売というメディアなしのネットインストール式はパスワードトラブルに気を付けていただきたい。年度末にバタバタしてサポートの品質が落ちるようなことがあってはならないので、早めに前倒し導入をすすめていきたい。



  • 新年のご挨拶

    皆様、新年おめでとうございます。

    昨年中はいろいろお世話になり、ありがとうございました。年初から骨折気胸入院それから手術と波乱なスタートを切りましたが、皆様のおかげで無事に新年を迎えることができました。心から感謝をいたします。今、思えば元気な人間が突然の事故で身動きができなくなるという体験を経て得たものは計り知れません。病院で過ごしながら、今後の仕事や生活などを真剣に考えることができたのは、神様からのメッセージだったのでしょう。もしあのスピードで首をやってたら、即死だったことでしょうし、神様か何かに活かされているという実感も感じることができました。さて、それでは神様は私に何をするようにこの世に送り込んだのでしょうか?何ができるか?私の顧客に対して最良のサポートを行っていくこと?私の家族のために尽くすこと?仕事を通して社会に役に立つことじゃないかな?自分の知識や教養を向上させて、それで誰かのためになるようなことがもっとできるはずだ?そのようなことを考えて、まず怪我を治しながらできることをさがしました。療養中にまず英語の勉強を改めてすることを決意しました。TOIECのテストを受けてみることにしました。4月に受験してみましたが、情けない点数にショックを受けました。旅行や一般の会話程度可ですが、ビジネスレベルには程遠い点数でした。前半の売り上げ減を解消すべく、XPから7への移行営業活動に専念しなんとか後半には前年並みに落ち着いてきました。そんな中、10月に創業補助金の公募があり、かねてより計画していたビジネスパートナーのエイボしと北アフリカ・中東向けのビジネスマッチング営業活動を具現化できないか、応募してみることにしました。商工会さんに推薦までしていただき、みなさんの期待にお応えできればよかったのですが、残念ながら、世の中そんなに甘いものではないようでした。事前リサーチにマレーシアKLのINTRADE MALAYSIA2013に参加させていただき、様々なビジネスチャンスを見つけてきましたので、まずは、その可能性を信じて身の丈にあった行動をしていこうと思います。

    戒めの意味で実感していること

    自分自身を含めて古い体質、古い考えの人間、企業、公共団体に未来は託せない。新しい価値観と考え方でビジネスに夢や希望を生み出す原動力が備わることを実感した。今年もビジネスパートナーのエイボ氏と共にグローバルな活動をいたします。



  • サーバーを移転しました。

    今週になってwebホスティングサーバーをバージョンアップ乗り換えしました。1GBではパンクしてしまい、何度か不通状態に陥ってしまい、ご迷惑をお掛けしました。ラピッドサイトのサポート担当者さんに助けていただき、一時復旧はしたものの不安定要因を抱えての運用は、気が重いので思い切って、次世代シリーズにアップグレードいたしました。120GBという余裕のある容量と豊富なCMS対応ということで、主に実験として色々扱う予定です。DNSがようやく通ったようですが、WordPressの移行作業がうまく行かず、多少もたつく感じです。特にフォトギャラリーは最初から作り直す必要があるようです。正月休みに時間が取れたら、腰を据えて作業いたしますので、今しばらくお待ちください.

    お客様に対してもWordPressによるビジネスブログ形式のWeb制作のセットアップ・指導などを充実させてまいります。エイボエンタープライズのWebの再構築、容量不足て抹消したJOOMLAやSNSのサイト構築も再度チャレンジする予定です。

    Webによる情報発信に力を入れますので、今後ともよろしくお願いします。

     



  • イスラームについて

    今回のマレーシア視察・INTRADE参加にて、様々な出会いと体験をしてきたが、私自身がその中でまず優先的に、整理しなければならない心の荷物が、イスラームについてであります。ビジネス・パートナーのエイボ氏は生まれながらムスリム(イスラーム教徒)でその信心深さは、よくわかっていたつもりだ。彼からイスラーム教の話を聞くことは多かったが、それを自ら調べようともしなかったのが本音で、本気で相手を理解する努力を怠っていたことに反省している。私は多くの無宗教の一般人の一人です。どちらかと言うと中学校から、プロテスタントのキリスト教の学校に通っており、キリスト教については一般の人よりも多少知識はある方だと思っていますが、洗礼を受けたクリスチャンでもありませんし、地域の氏子の役員を引き受けたり、お祭りや観光地の神社、仏閣にお参りするのも好きな、普通の日本人的宗教観で生きています。

    HALAL ハラールというイスラーム教で良いこと(許可されていること)が、イスラーム圏のビジネスに最優先に関わってくることがわかった。なぜ豚肉やお酒が禁止されているのだろう?その他にも厳しい戒めや掟のようなものがあるのだろうか?アラーという神様はどういうことを言っているのか?コーランにはどんなことが書いてあるのか?興味が出てきた。ネットで調べても解説はあてにならない気がした。日本語訳のコーランを買って読みたいとも考えたが、どうやらコーラン自体はアラビア語でその訳を読んでも、簡単に理解できるものではない様子だった。井筒俊彦というイスラーム学者・哲学者のだしている「コーラン」を読む という本で予備知識を得ようと読んでみた。コーランでなくクルアーンという発音が本物に近いようだ。唯一の神アッラーの言葉を預言者ムフンマドを通じて世に知らしめたことがコーランに記されている。神の掲示は文盲ムフンマド40歳ぐらいが洞窟のなかで、彼の身体を通じて発せられた。114章のコーランはそれから記されたらしい。(私のウル覚えなところあり)紀元600年ごろなので、ユダヤ教やキリスト教は既に存在していた時代で、モーセやキリストもアッラーの使徒の一人だと言う、ようするに元は一人の神アッラーに間違いないということだ。神への絶対服従、信者は皆平等で宗教上の身分や指導者というものがない。人は皆生まれなから帳簿のようなものをもっていて、いいことをすると良い方に、悪いことは悪い方にポイントがつくという考え方で、死後に天国か地獄に行くか決まるのだという。死んだ後、何年か経ってまた復活するが、また同じ身体になるらしい。すべての身の回りで起きることは神のなさる業で、神を忠実に信仰をすることと、自分の仕事や生活を真面目にやることがイスラームのシステムのうように感じとった。

    今回出会ったイスラームの方々は実に輝かしい目をキラキラさせて、初対面の外国人で異教徒の私に対し微笑みと真剣な眼差で私の拙い英語を聞いてくれ、応えてくれた。エイボ氏と食堂に行ったとき、偶然同じテーブルに居合わせたアメリカ人とセーシェルの人も話をしているうちにイスラーム教の方で、偶然ホテルも私達の向かいのところということで、また話をしようと別れて、すぐには会えなかったが、エイボ氏が延泊中に連絡が取れ今もメールでのやりとりが続いているという。出会いが仕組まれていたように感じるのだ。一番素晴らしいのはビジネス・パートナーであるエイボ氏、彼自体の人間性をよく理解することができたことだろう。やさしく真面目で素敵なビジョンを持った素晴らしい人だ。ますますイスラームについての興味が湧いてきたのだった。たった一冊の解説書を読んだだけでイスラームとは。。。などということはできないが、素晴らしい宗教だと感じることができた。更に勉強は続けるつもりだ。入信まではすぐに考えられないが、モスクに行ってお祈りや、説教みたいなものを聞いてみたい気持ちはある。筋の通った宗教は潔い。下世話な関心だが、モスクは寄付で建てられているのだろうか?葬儀などで金がかかるのか?いろいろ気になる。



  • LockPinの㈱松尾製作所

    http://www.lockpin.co.jp/

    にこにこしたやさしい社長さん 松尾社長様にお目にかかりました。ムスリムの女性の付けているスカーフをとめるのに自社のロックピンを使っていただきたいというマーケティングに来たという。現地の女性は針がむき出しになったピンで平気にとめているという。気にしてみるとその通りの方がいる。松尾製作所様のホームページを見ると既にドバイにも商品が出てるとのこと。粗悪な他国製の似た商品が出回っているらしい。50年以上のロングライフヒット商品を有す素敵な会社だ。



  • Hadi san  三世界 Malaysia

    ハイディさんはINTRADE Malaysia Japan booth担当の通訳で働いていた。日本のコスメティックの会社専属の通訳だったのか?そのブースで出会った。私はコスメティック関係もマレーシアの市場に出すにはHALAL認証が必須でしょうが、その点はどうなんですか?と意地悪い質問をしてしまったが、その通り、マーケティング段階の今はまだだが、いずれちゃんと認証を受けての販売になると丁寧な応対をしてくれた。日本語が堪能なのは、日本の大学で4年間学んだからだという。八王子に住んでいたとか?私たちの海外進出コンサルタント、ビジネスマッチング推進、ビジネスネットワークの話になると、実はこれですと言ってポケットの財布から名詞を取り出して、ベンチャーやってるって教えてくれた。三世界という日本語での命名は、よほど日本が良かったのか?意味あって日本語にしたという。三世界は生まれる前、現生、死後の世界を意味するとのこと、宗教観のように感じた。日本とマレーシアを結びつける、間に入る仕事をしたいというのは、私たちと同じ、これから連絡を取り合ってまた会おうとFacebookのアカウントを交換した。