We can help you to accelerate your business

Expandmenu Shrunk


サイボウズ ”Garoon”

グループウエアのサイボウズ ”Garoon”が日本語、英語、中国語対応になった。ミニマム10クライアント8450円(月額)という。TeamOfficeなどの安価なグループウエアよりも機能が豊富でセキュリティーなどの信頼性もある。海外拠点との時差にも対応するところ嬉しい。

海外拠点を有するサイボウズ社、国内にも外国人社員が1割弱いるような感じの話だった。社内で揉まれて出てきている製品であることは間違いない。サイボウズ社には、感動課という課が存在する。社員が感動を得るイベントを企画したり、同じ行事でも感動を与えるような演出や雰囲気づくりに専念する社員が存在する。今や福利厚生は企業が社員にサービスをいかに効果的に提供するか?が肝心なのだろう。グループウエアの目的も人材を活かす、能力を引き出す、効率よく仕事を進めること、さらに社員一人ひとりが健康で充実した生活をすることなのだろう。

ソフトハウスに務めた経験がありますが、いかにも他の業種・職種では採用が難しいと感じる人が働いていいるのをよく見てきました。ソフトの仕事は素晴らしい腕と経験を持っているが、社会性というか人間関係の不器用というか?様々でまた、独特の感じの方々でした。経営者も慣れたもので、そこを心得ての付き合い方をしていました。そんなところにもグループウエア活用で手が届く工夫があるのだろう。また、職種的に多いと言われている鬱などの改善にも細かい配慮があるような気がする。

いずれにしても道具としてのグループウエアをどのように使うかが問題だと思う。


コメントは受け付けていません